iPhone/iPadのWiFi環境について

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iPhone/iPadのWiFi環境について
Share on FriendFeed

iPhoneよりも早いペースでiPadがどんどん売れているようです。当初のスケジュールよりも遅れましたがそろそろ日本にも正式に入ってきます。非公式には既に販売してるところもあるみたいですが。

iPadが売り上げ100万台突破 iPhoneより早く/ITmedia

最初に販売になるのはアメリカと同様にWiFiモデルだと思います。iPadの購入をお考えの方は、是非自宅にWiFi環境を作っておきましょう。もちろん、現在iPhoneを使っていて、自宅にインターネット回線があるのにWiFiを使ってない人もこの際WiFi環境を構築してはいかがでしょうか。無線LANルータ/アクセスポイントはだいたい6千円くらいで買えますよ。

自宅にWiFiアクセスポイントを設置するのであれば、802.11n対応にしておくとよいでしょう。11nなら上流が光ファイバ網であれば40Mbpsくらいの速度が出ますので、ほとんどストレスを感じないはずです。

既に無線LANを使っている方のなかでも暗号化セキュリティは携帯ゲーム機で使うためにWEPにしている場合が多いと思いますが、できれば簡単に破ることができるWEPは使わないほうがよいです。また、以前は安全と言われていたWPAも解読されてしまったようですので、できればWPA2にしておくことをお勧めします。iPhoneもiPadもWPA2に標準で対応していますので、設定で戸惑うこともないでしょう。

携帯ゲーム機を使うためにどうしてもWEPでネットワークを開いておく必要がある場合は、お使いのゲーム機の固有のMACアドレスしかアクセスできないようにしておくのが最低限のセキュリティです。この制限ができない無線LANアクセスポイントは捨てちゃっていいですよ。

うちのWiFiルータ(ルータ機能は殺してます)はバッファローのを使ってます。このシリーズは安定してるのでおすすめ。


BUFFALO おまかせ節電 11n/g/b対応 無線LANルーター Air Station 単体 WHR-G301N

コメントを残す