消したいのに消えないGrowlMailのアンインストール方法(OS X Mountain Lion)


Mountain Lionは通知センターでメールの着信を知らせるようになったので、GrowlMailが必要なくなりました。というか、LionにしてからGrowl 1.4が時折暴走するようになっていたので既にアンインストールしていたのですが、GrowlMailだけが何故かうまくアンインストールできていなかったようです。GrowlMailの消し方をいろいろ試してみたらやっと分かったので情報共有しておきます。

Mountain Lionにアップデートしてから、Mail.app起動のたびに

互換性のないプラグインの使用停止
以下のプラグインは使用停止されました。:
GrowlMail

と毎回警告されてイライラしていたので、なんとかしてGrowlMailを削除したいところです。Glowlを再インストールしてアンインストールしてもプラグインだけはどうしても残ってしまうようです。調べてみたところ、消さなきゃいけないのは

~/Library/Mail/Bundles/GrowlMail.mailbunle

だということは分かりましたが、検索しても見つかりません。考えてみたらいつからか/Library/Mailフォルダが不可視になっていたので、これをまず可視化する必要がありそうです。そこで、以下の手順で可視化します。あ、その前にMail.appは終了しておいて下さい。

  1. ユーティリティーの中にある「ターミナル」を開きます。
  2. コマンドラインで以下のコマンドをタイプします。
  3. defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true

  4. Finderを以下のコマンドで再起動します。
  5. killall Finder

新たにFinderを開くと見えなかったフォルダが見えるようになっているので、問題のフォルダを探します。見つけたら、GrowlMail.mailbunleというフォルダごと削除します。試しにMail.appを起動すると、警告が消えているのを確認できると思います。

不可視フォルダを表示しっぱなしにしておくと実に煩いので、以下の手順で元の非表示の状態に戻します。

  1. さっき開いたターミナルのコマンドラインで以下のコマンドをタイプします。
  2. defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false
    killall Finder

  3. Finderを開いて、不可視フォルダが非表示の状態に戻っていることを確認します。

以上です。やってみたら結構簡単でした。

ちなみに通知センターなんですが、MacBook ProやApple Magic Padを使っているとメニューバーの通知アイコンをクリックしなくても簡単に表示できるのを知ってますか?デフォルトだとPadの右側の外からPadの中央に向かって2本指スワイプするだけです。戻す時は逆の動作をすればいいようです。デモ映像では見てたのですがしばらくやり方が分かりませんでした。マウス使いの人は永遠に気づかないかもしれません。

OS X Mountain Lion
価格:¥1,700

「消したいのに消えないGrowlMailのアンインストール方法(OS X Mountain Lion)」への1件のフィードバック

コメントを残す