iTunes Matchが日本でも使えるようになりました

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - iTunes Matchが日本でも使えるようになりました
Share on FriendFeed

米国に遅れること約2年。やっと日本でもiTunes in the Cloudのサービス、iTunes Matchが使えるようになりました。

iTunes Matchを使うとこれまでローカルでリッピングした音楽タイトルがiTunes Storeにある(マッチする)場合はStoreのタイトルが利用できるようになり、Storeにマッチするタイトルがない場合はiCloudに手元の音源データがアップロードされてStoreのタイトルと同じようにiPhoneやiPadなどの他のiOS機器でも楽しむことができるようになります。利用料は年間3,980円です。


iTunesMatch_title

ストレージを節約するためにMP3の128kbpsなどでリッピングしていた昔の音源でもStoreにマッチするタイトルがあればAAC256kbpsに置き換わるので音質向上も期待できます(稀にビットレートが256kbps未満の場合もあるようですが)。残念ながらロスレス派にはメリットはないでしょうけど。

リッピングした音源のアップロードに関しては著作権法の問題もあって日本では難しいのではないかと言われていましたが、利用範囲が個人に限定されること、コンテンツホルダー側に補償金が支払われることから折り合いがついたようです(おかげで日本は料金が高い)。リッピングを禁止する法律を作っておいて過去の音源を全然配信しようとしないコンテンツホルダーにはケチをつける資格なんてそもそもないと思うんですけどねー。日本の音楽産業が結果的に「貧すれば鈍する」の体でAppleに屈する形になったのは無様ですが、ユーザーとしては便利になればなんでもいいのです。

やっと音源データのiCloudへのアップロードが終わって、iTunes Matchへの移行ができたので、その過程について何回かに分けてエントリしてみたいと思います。

コメントを残す